読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユメノサキ

トニセン世代のV6坂本さんファンが気ままに書きます

担当様の進む道

坂本くんのソロコンサート発表以来考えていること、私の担当様、坂本くんはどこへ向かっているのか考察です。

 

ここ数年、坂本くんは歌番組等でミュージカル界ではすごい人なんだと言いながらも、出ているミュージカルは自分の主演作が年に1本と言う状態を歯がゆく見ていました。V6はイノッチも岡田くんも忙しくて、自分はもうミュージカルでやるっていうなら、年に2本以上ミュージカルして欲しい。主演でなくても全然いいので「石井一孝」さんとオーディションで争う位して役を取るくらいしてみて欲しい。*1

 

それにいくら若く見えると言っても44歳なのにアイドルばかりじゃ無理だろう。

One Dishで「坂本くん」と呼ばれるのが、ファンなのに厳しく感じるよ・・。特に横浜で相応の歳だと思ってしまった後は。

 

そんな時の坂本くんのソロコンサートの発表。

ミュージカルナンバーだとわかった時、もうこの道でやっていくんだなと思いました。

V6の曲ですることだって今ならできたはずなのに。

でも5年後、10年後V6の曲を歌ったらおかしかも知れない。ミュージカルナンバーだったら息が長いよね。*2

 

私の個人的野望としては、少し前の徳永英明さんのポジションを狙ってほしかったんですけどね。カバーの帝王的な。*3そしたら年末の大型歌番組を初めとして、懐メロが流れるテレビでは歌声を聴けるし。絶対カバーアルバムだしても売れたと思うんですよ。なんならジャニーズのヒット曲のカバーアルバムでもよかったに。アンダルシア聞きたかった。

 

でもその道は選ばなかったようで。しょうがないから、ミュージカルスター応援していきます。だからもっと活発に活動を望みたいです。*4

*1:ミュージカル界の人をちゃんと知らないのでまと外れだったらごめんなさい。

*2:でもファン的には少なくとも5年後はまだV6のコンサートをお願いしたい

*3:今もでしょうか。ちゃんとわからないので御免なさい。

*4:でもやっぱりまだ、ジャパニーズポップスのカバーを歌ってほしいとの野望も捨てられない