ユメノサキ

トニセン世代のV6坂本さんファンが気ままに書きます

歌声の好きなV6の曲を語ってみる

まあ、題名のとおりです。本当は「坂本くんの歌声が好きなV6の歌」にするつもりでした。ところがこの記事を書くために聞き直したら、坂本くんのソロは2回で、いのっちのソロの方が多い曲とかありました。つまり、思い込みのフィルターがかかった状態で聞いていると言うことですね。

星が降る夜でも(アルバムReady? 収録)
凄く綺麗な曲。先日のzipとベストアーティストのコラボでウインターソングと言われた時、私はこの曲が思い浮かびました。PVも冬のイメージです。
この曲はサビは皆で歌っているけど、大サビ?にあたる部分を坂本くんがソロで歌っており、それが素敵です。秋の夜長に編み物でもしながら聞くイメージ。

メジルシの記憶(22枚目シングル)

今年のツアーでメンバーがスタンドに登場する際に歌われた曲。すみません、国語が苦手な私には歌詞のシチュエーションがイメージし難く今までちゃんと聞いたことありませんでした。でもコンサートでの坂本くんの歌声が印象に強く、今はリピートしまくりです。*1
この曲は坂本くんといのっちのソロが凄く多いです。脳内でテレビサイズに変換したら、坂本くん→いのっち→全員→いのっち になりました。このころはまだカミセンの方が圧倒的に人気があっただろうに、大胆な歌割りです。ファンになってから思ったのは、V6は人気のある人にソロを歌わせるのではなく、歌が上手い人がソロを歌っていると言うこと。特に初期。それでCDの売上に影響しなかったのかといらぬ心配をしてしまいます。

Bouquet(アルバムReady? 収録)
この曲は1番のAメロが坂本くんなので、歌声を楽しむ歌だと思い込み。ちゃんと聞いたら他にソロパートは2番のBメロしかありませんでした。でもどちらも、伸びやかに歌っていて大好きです。曲自体もなんだか幸せな気分になれる曲。

他にも色々ありそうなので、思い出したら書き足します。

*1:でも相変わらず歌詞の世界はイメージできてない