読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユメノサキ

トニセン世代のV6坂本さんファンが気ままに書きます

アイドルに何かを求めるのは間違ってると気がついた話

私の1週間の楽しみは、金曜日にOne dishを見ることと、土曜にV6 next generation(以下ネクジェネ)を聞くことです。
ネクジェネはV6と言いながらトニセン3人のラジオで、フリートーク、リスナーからのお便り、リスナーからの問題に答えるコーナー(チーム・トニセン)or絆ゲーム(3人の絆は完璧ゲーム)で構成されています。
リスナーの人は解るとおもいますが、チーム・トニセンと絆ゲームは常連さんが読まれる割合が非常に高いです。
昨日も常連さんが読まれていました。それに対して「いつもありがとう。たくさん考えて送って遅れてるよね」と述べるトニセン。
それを聞いて私はかなり傷つきました。いつも読まれてる常連さんは確かにすごいけれど、採用されてないだけで、沢山メール出してる人いるんじゃないかな。そして私もその1人(ToT)。それなのに常連さんにだけ感謝を述べるのは違うと思う……。

その後長時間うだうだ考えてましたが、アイドルに対して『採用されない身になって考えろ』と言うのも無理な話しだし、誰に強制されたわけでもなく自分が好きでメールしてるんだし、何かを求めること事態が間違っているんだと言う結論にいたりました。当たり前と言えば、当たり前。気がつくのが遅すぎたようです。