ユメノサキ

トニセン世代のV6坂本さんファンが気ままに書きます

「シブヤノオト」&「NAOMIの部屋」観覧

昨日行われたジブヤノオト&NAOMIの部屋の観覧に行ってきました。流れだけで内容には全く触れていません。

NHKネットクラブからの申しこみは、1契約、1回に制限されていました。私は自分で申し込んだのと、実家に頼んで申し込んでもらって、それで自宅分が当選。

この観覧は落選だとメールが届きますが、当選だとメールが来ません。Twitterで落選メールが来ているとの情報を得るも、本当に当選したのか訝しがりながら金曜日をすごし、土曜日にポストを見たらハガキが!!東京近郊で、当落発表の翌日午前中にはハガキが到着してました。

さて当日、18時開場ですが、17時頃NHKホールへ行くと既に列が。この時で、NHKホールの横の待機場所で折り返し地点まで行って、半分戻ってきた位。ランダム引き換えのため早く並んだからと行って良席とは限らないのですが、周りに時間を潰すところもないので並ぶことに。並ぶ際には、入り口でハガキを見せました。名前の確認などは全くなし。4列位で緩い感じで並んでました。ちなみに18時にはNHK放送センターまで続く長い列が。

そして待つこと1時間。18時きっかりに開場。手荷物検査を受けて、ハガキと座席を書いた紙を引き換えます。引き換えの際にに3レーンに別れました。おそらくここが、運の別れ道。
1枚か2枚か聞かれて貰った席は1階10数列目の、センターブロックでした。やったー。早くから並べば1階になるわけでもなく、私達より早く並んでいた人のなかにも2階席の人もいたようです。

入場したら直ぐに席につけるわけではなく、リハーサル中は、ホールで待機です。ホールにサンドイッチ等の軽食を売っている売店もあります。ここで食事している人多数。40分位に着席可能になります。

入場したら1階席には自動制御のペンライトが。そしてDJさんが、盛り上げてくれます。最初にDJさんの説明に合わせて、オープニングの「ウルトラそー」の収録。続いて、前説のスタッフさんが出てきて「拍手」の音取。

その後、MCの方が出てきていよいよ、収録開始。
MCの方に紹介されて、アーティストが出てきて、MCの方と会話、パフォーマンスを収録して退出。。その後セットの変更の繰り返し。基本は1発撮りで、1アーティストにつき、パフォーマンスは1回きりでした。1組だけ収録が上手くいかなかったのか、2回歌われた方がいましたが、それは例外。全てのアーティストがパフォーマンスしたら終了です。きっかり21時に終わりました。座席にあったペンライトは帰りに回収されます。

私達が観覧した回は、11組のアーティストが出演しましたが、ずっと同じ方がMCをされていたため、どのアーティストがどちらの番組に出演するのか全くわかりませんでした。

ちなみに
・ペンライト&うちは&双眼鏡の持ち込みはOK
・座ってみるのも、立ってみるのも個人の自由

昨日は観客の8割位はV6のファンだったため、V6の時だけ異常に立っている割合が高かったです。他のアーティストのファンの皆さんも、自分のお目当ての方がパフォーマンスされる時は立っていましたよ。皆さん、後ろの席のに断って立って、着席されるときお礼言って、礼儀正しかったです。勿論どのアーティストのパフォーマンスにもペンライトを降って盛り上げることは忘れずに。

今回、V6は1曲だけでしたが、新曲を生で、しかも結構近くで見られて幸せでした。そしてコンサートに行きたくなった。今年もコンサートお願いします。